Posted by at

2010年02月23日

展示会報告

本日、東京に展示会の為日帰り出張してきました。

私が何が楽しいかと申しますと素晴らしい洋服が先駆けて見れるのもさることながら、
地方限定のカップラーメンをゲット出来る喜び・・・・・・。

実は自分が食べたカップラーメンの上蓋をコレクションしているCOFFRETの中の人なのです。

変な趣味とお思いでしょうが、真剣に網羅しようとするとですね、意外にコンビニなどでは新作が多く
(週に二・三種類出るんじゃないか?)驚きなのです。

しかも地域限定の物も多くてとてもじゃないけど全部は無理です(--〆)
たまに(ほとんど毎月行ってるけど)東京に仕事で行きますと空いた時間にコンビニに走り九州では発売されていないカップ麺を捜す癖がついてしまいました。

今回の戦利品はこれだぁぁぁぁぁ!!!!!!!





す・素晴らしい程アホっぽい。持って帰るのにかさばるし、少し恥ずかしい・・・・・。

・・・・もちもちの木は評判がすごくよくて九州には売ってないので食べたかったんです。

そのうち食べたカップ麺を発表していきたいと思っています←何屋なんだ一体。

今回は DELAY by Win&SonsとCoal Black でした。後カナダのハンドメイドブーツメーカーに行ってきました。

ちなみに Coal Black は今月の 月刊EXILEで特集が組まれています。
さあ、九州のみなさん、3月5日まで予約を受け付けますので(全写真あります!!)お気軽にお店に来て下さいね!

  


Posted by COFFRET at 22:19Comments(2)洋服の事

2010年02月22日

本日の一言















すいません、でも着てみればわかると思います。  


Posted by COFFRET at 18:18Comments(2)洋服の事

2010年02月22日

初めましてCOFFRETの中の猫です。

初めましてCOFFRETの中の猫です。
名前はアクセル・ローズです(べたですけどGUNS N' ROSESのファンですので)。





ちょっと画像が荒いですがレンジに入り込んでます。





「どうして暖かいのに電子レンジに乗っちゃいけないの?」





思わず触りたくなる恐るべき肉球(そんなに柔らかくない)





頭隠してしっぽ隠さず



  


Posted by COFFRET at 15:55Comments(2)日常の事

2010年02月22日

エコ・・・なのか?





レースの生地を鯛(たい)のうろこで彩ったイブニングドレスが1月のパリ・オートクチュール・コレクションで人気を集め、東京都内で23日に開かれるショーで披露される。

1800匹の鯛から50万枚のうろこを集め、脱臭したうえで、青や金に彩色。
ファッションデザイナーの桂由美さんがドレスに仕立てた。

桂さんの知人の広島県三原市の田中さん(45)が魚屋で陽光にきらめく鯛を見てひらめいた。
捨てられるはずのうろこを再利用する、目からうろこのエコ発想だ。

ソースは
http://www.asahi.com/fashion/topics/TKY201002220007.html   


Posted by COFFRET at 13:39Comments(0)洋服の事

2010年02月21日

残り僅かです。











サイズが欠けてきました。このクオリティーで¥5,250。





こんなん入荷してきました。

  


Posted by COFFRET at 17:28Comments(0)PARANOID

2010年02月20日

本日の福岡

本日の福岡はすっきりとした晴れでした。気温はまだかなり低いですが。

緑溢れる昼の天神。高いビルは百貨店の岩田屋です。那珂川も見えます。





今日の大名の様子。古い町並みとビルが共存しています。





活気溢れる商店街(新天町は屋根付きです)





夜の大名を一望





夜の天神(右に見えるのが今度OPENするPARCOです)





福岡タワーも元気です。






  


Posted by COFFRET at 20:09Comments(2)天神・大名の事

2010年02月20日

まぁ洋服の話だけでは何なので

店内写真などを。







古びたホテルのロビーをイメージしている内装です。





↑ ソファー席もありますので飲みながらゆっくり選ぶなんて事も出来ます。


・・・何だかCGみたいな写真でしょう。こんなのがビルの3Fにひっそりとありますのよ~。  


Posted by COFFRET at 17:25Comments(2)日常の事

2010年02月20日

LITHIUM HOMMEのジャケットについて

こんにちは、COFFRETの中の人です。

今回は LITHIUM HOMME についてジャケットの説明です。
一言にジャケットと言っても様々なのですが、普段皆さんが思い浮かべるのはやはりスーツのジャケットでしょう。

洋服豆知識ですが背広の誕生は、比較的新しく1870年代以降のものと思われます。
それ以前の上衣はフロック・コート(前裾が直角な型)で、そしてモーニング・コート(カット・ウェイ)に変わり、次第に現在の軽快なデザインに変化してきたと考えられます。
我が国における背広の名称(語源)は、二説伝えられており、一つはモーニングの背に細くせまい縫い目(アーチライン)があったものを、その縫い目を無くし背の部分が広くなったので、背広と呼ばれるようになったという説と、もう一説は英国のサビル・ロウ(洋服の本場)から由来してシビル・クローズが訛って背広と呼ばれるようになったとの二説があります。
今日では、背広(スーツ)は国内外を問わず最も多く着用されており、世界のユニホーム(制服)と言っても過言でないと思います。
更に仕立ての仕方などは国別(国の中でも地方により違ってきます)の特徴があり、現在日本で取り入れられている物は世界中のいいとこ取りで日本人の体型に合った仕立てになっています。





・・・さてその仕立てについてですがCOFFRETが取り扱っておりますこのLITHIUM HOMMEのジャケットを例に取りますと





表地はウール繊維の表面改質をし、深みのある究極の黒を追求したWOOL SUPER120's ULTRA BLACK。
今期のミドル丈はやや短めで合わせやすい着丈。シルエットはタイトだが落ち着いたデザイン。
アームホールは細いが、パターンでかま深を浅くすることと、アームホール裏地をハンドメイド縫製する事により柔らかく着用し易い。
フル毛芯仕立ての本格的テーラードジャケット。ややコンケープトショルダー。裄綿使用、本切羽、サイドベンツ、額縁始末。
肩先から先にかけてやや上がり目のソフトコンケープトショルダーを採用。


・・・となります。




知らない人には何が何だかわからない話ですね、ハイ。

しかし、ココで何が言いたいかと申しますと皆様が普段何気なく着ているジャケットにもこういう良いジャケットの仕様があり見分け方があるんですよ、と。
やはり手間がかかっているし芯地の部分なんか見えないから解らないけど拘っている物はそれなりのプライスがするという事です。

そんなの一々詳しくなれるかよ!って方がほとんでしょう。

そう、そのために洋服屋の販売員がいるのです。




  


Posted by COFFRET at 16:23Comments(2)LITHIUM HOMME

2010年02月18日

凄い彫刻

コレ、彫刻だそうですが・・・











ちょっとどうなっているのか解りません。原理はこれと同じらしいのですが。

  


Posted by COFFRET at 20:05Comments(0)日常の事

2010年02月18日

Coal Black

こんにちは、COFFRETの中の人です。本日はこちら




この羽を広げたイーグルを皆さん何処かで見たことは御座いませんでしょうか?
きっと一度は目にされている事かと思います。

そーです。 EXILEが天皇陛下の前で唄った時にジャケットの後ろに刺繍されていた物ですよ!

・・・・と言うことでCOFFRETが立ち上げの時から取り扱いがある【Coal Black】とは実はEXILEのステージ衣装も手掛けているEXILEの本体【L.D.H】の洋服なのです。

初めは全く関係などは知らされておらず、単純にクオリティーが高い服と思い仕入れ始めたのですが展示会にいきなりEXILEのメンバーが来場し、ビックリしたのを覚えています。
今もたまに見かけます。

しか~し、このブランドはメンバーも着用するのでアメカジをベースに素材は最高峰の物を使用し、動きやすく(ダンスするからね)、縫製も凄く良い。

何といってもこのデフレ不況が叫ばれる中、MADE IN JAPAN に拘る姿勢が素晴らしい!!




↑このベロアジャージも最高級のベロアを使用し、左腕にレザーワッペン、背中には職人による一本針の刺繍が施されています。¥50,400

伊達にこの値段するんじゃねーんだよっ!!!
ハァハァ・・・
取り乱しましたスミマセン。

福岡での取り扱いはCOFFRETのみで御座います。
皆様、EXILEファンは勿論のこと洋服好きにも是非実物を手に取って頂きたいブランドです。  


Posted by COFFRET at 14:55Comments(2)