2010年03月26日

今日3月26日は、

今日3月26日は、硫黄島にて栗林忠道中将以下300名余りが最後の攻撃で壊滅した日です。

知らない人もいると思いますので栗林中将がどんな人だったかを。

「日米の戦史研究者などからは高い評価を得ていたが、硫黄島の戦いを除くと軍人としては目立ったエピソードも少なく、局地戦で戦死した司令官ということもあり、日本でも一般的な知名度は高くなかった。
しかし平成17年(2005年)に硫黄島における栗林に焦点をあてた梯久美子の著書『散るぞ悲しき』が刊行され大きな話題を呼んだのに続いて、翌平成18年(2006年)、クリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』が公開され(栗林役を渡辺謙が演じた)、関連書籍の刊行が相次ぐなどして一躍その名が知られることになった。軍人としてのみならず、その人間性や家庭人としての側面なども注目を集めている。」

「米国においては、硫黄島の戦いの報道がリアルタイムでなされていた事もあり、この戦闘の状況と栗林の知名度は高い。

特に戦後、軍事史研究家やアメリカ軍軍人に対し、「太平洋戦争に於ける日本軍人で優秀な指揮官は誰であるか。」と質問した際、「クリバヤシ将軍(General Kuribayashi)」と栗林の名前を挙げる人物が多いと云われている。
結果的に敗北に終わったものの、僅か22km²(東京都北区程度)にすぎない硫黄島を、日本軍の3倍以上の兵力、制海権・制空権・予備兵力・物量・補給線・装備全てに於いて圧倒的に優勢であったアメリカ軍(アメリカ海兵隊)の攻撃に対し、最後まで兵の士気を低下させずに、アメリカ側の予想を上回る一ヶ月半も防衛した采配は高く評価されている。
従来の島嶼防衛における水際作戦という基本方針を退け、長大な地下要塞を構築した上で、不用意な万歳突撃等による玉砕を厳禁し、部下に徹底抗戦を指示した。
その結果、米軍の死傷者総数が日本守備隊のそれを上回るという成果を上げ、その他、米軍の当時の主力戦車を大量に撃破するといった損害を与えることに成功し、後に米軍幹部をして“勝者なき戦い”と評価せしめた。
地下壕構築などの栗林中将の独創による作戦は、劣勢な自軍をもっていかにして圧倒的な敵軍を迎撃するか、という面でその後の戦術論にも大きな影響を与え、一説によればベトナム戦争で南ベトナム解放民族戦線がとった同様の作戦は、硫黄島の戦史から学んだ結果とも言われている。

この硫黄島での戦いと、同じく地形を利用してアメリカ軍に効果的な攻撃を行って甚大な被害を与えた沖縄戦での苦戦から、米国上層部ではさらなる被害が予想される本土上陸戦はできるだけ避けたいと思うようになり、これが連合軍による日本分割という形での終戦を避ける事の遠因になったとも言われる。」





現在も硫黄島(変換が”いおうとう”で出来ないのが腹が立つ)には自衛隊の滑走路が屍の上にあるというのが現状です。
仕方ないのかもしれませんが。

しかし、硫黄島を”いおうじま”では無く”いおうとう”という正式な日本の名称に変えたことは阿部総理のお陰で出来たわけです。

本日から皆さんが”いおうとう”と読んで下さるだけでも前進だと思いますのでどうぞ正式な名前で呼んであげましょう。

ちなみに、私は戦争には反対です。

なぜなら、そんなことになったら「ファッションが楽しめないから」
です。


結構深い意味を含めていますが本日はご冥福を祈りつつお酒を飲みたい気分です。


同じカテゴリー(洋服の事)の記事画像
マジキチファッションショー開催-新人類到来-
「パンツ見せろ、短いスカートをはいているなら見せるべきだ」
今最も熱い、世界16の大富豪のご令嬢たち
「鳩山首相、発想すべて幸夫人の『舞台衣装』」
一流モデルが着ている服を一流セレブたちが着るとこうなる
【ファッション】D&G、日本撤退 [10/05/28]
同じカテゴリー(洋服の事)の記事
 マジキチファッションショー開催-新人類到来- (2010-07-14 17:57)
 「パンツ見せろ、短いスカートをはいているなら見せるべきだ」 (2010-06-26 13:05)
 今最も熱い、世界16の大富豪のご令嬢たち (2010-06-12 15:27)
 中国のアイロン職人凄すぎwww (2010-06-09 15:04)
 「鳩山首相、発想すべて幸夫人の『舞台衣装』」 (2010-05-31 18:17)
 一流モデルが着ている服を一流セレブたちが着るとこうなる (2010-05-31 13:58)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。